市内での取り組み

【宇都宮大学】SDGs推進奨励賞の設置


取組の背景

 今や幼児期からSDGsについて学ぶようになり、SDGsが社会的風潮ともなってきた中で、これから就職を控え、社会を支える世代となる大学生こそ、SDGsを学ぶべきである考え、平成30年度からSDGsの達成に向けた観点で取り纏めた「宇都宮大学SDGs事例集」の作成や、SDGsフォトコンテストなどを実施するほか、令和2年度からは1年生の必修授業として「SDGs入門」の講義を設けるなど、さまざまな取組を進めています。

 


取組内容

  • 地域社会でのSDGs推進を目指す教育研究プロジェクトへの支援

 令和元年度から行っている「SDGs推進奨励賞」では、SDGsの達成に貢献し、持続性のある研究等を表彰し、賞金の授与を行っており、令和3年度からは,地域貢献を大きなテーマとし、この応募資格として,県内自治体や関連団体・NPO・小中高等学校等地域との共同による取組であることを必須とした枠を設定しました。宇都宮大学と地域の人が共同で教育研究活動を実施することにより、地域貢献を通したSDGs全般の達成に寄与しています。

 


学校のコメント

 教員や学生にとっては、地域の人との共同研究等を通し、より現場に則した学びにつながり、表彰されればその活動の資金を得られ、また、地域も若年層との共同による若年層のアイディアを吸収でき、地域でのよりよい循環が生まれ、県内でのSDGsの推進につながっています!

 

市内での取り組み一覧はこちら