市内での取り組み

【株式会社みやもと】女性や高齢者の活躍


取組の背景

 株式会社みやもとは、「誰一人取り残さない」社会を考えたとき、近年のデジタル化の中、情報弱者となりやすい高齢者に目を付けました。

 調査の結果、折込チラシの需要があることがわかり、かねてより力を入れていたユニバーサルデザインの知識を活かしたシニア向け情報紙「うつのみやシニア通信」の発行を決意しました。


取組内容

  • 媒体を通した情報弱者高齢者に必要な情報の伝達

 インターネットやスマホが普及する中、ITを使った情報取得が難しい高齢者の方が、地域のイベントやお店などを気軽に知り、社会活動に積極的に参加できる環境づくりのひとつとしてシニア向け情報紙を発行し続けています。

  • はたらく女性を支援する組織風土の形成

 株式会社みやもとでは、女性社員が多いこともあり、SDGsが浸透する以前から、産休・育休制度やテレワークを取り入れるなど、女性も働きやすい組織風土が形成されています。シニア向け情報紙「うつのみやシニア通信」の編集長も、時短勤務を活用しながら、絶賛子育て中です!

  • 「うつのみやシニア通信」編集における再雇用社員の活躍

 「うつのみやシニア通信」の編集の中核を担うのは73歳の再雇用社員Aさん(令和3年3月時点)。前職を定年退職した後,株式会社みやもと様で再雇用されました。そして、シニア向け情報紙の編集にあたって、より説得力を持たせるシニア人材として、編集のキーパーソンとなっています。


企業のコメント

 女性も高齢者も、のびのびと活躍できる場づくりをしてきたことで,社員の働きがいの創出につながり、素敵な社員に恵まれたのだと思います。

 SDGsという世界的な目標ができたことにより,印刷工場として何を目指して取り組んでいくべきかが明確になり、このように新たな事業の展開にもつながりました。

 また、既に自社でやっている取組をSDGsに当てはめていくことで,社内でのSDGsの認知拡大も併せて行うことができました。

市内での取り組み一覧はこちら